シェアする

【10/8のシンボルメッセージ】水の女神/「三つの光たちへ」

シェアする

こんにちは、もっちーです☆

昨日、縁あって、お仲間さんと一緒に四柱推命を受けてきました。

それはそれは興味深く、面白い内容だったのですが、その話はまた後日。

つきないお話の最後に、ふと何かの気配を感じました。

それは一体、何だったのでしょうか。

シンボルメッセージ、番外編です。

感じた気配/ス○バのマークに似ている?

前回のお仲間さんとの集まりで、四柱推命をやってらっしゃる方がいると情報をもらい、早速、お仲間Mさんにアポをとってもらいました。

後日、Mさんと一緒に鑑定して頂くことになりました。

Mさんは人生の岐路に立っていて、今回のことで何かヒントをもらいたいということ。

私もどんなことを言われるか、もう始まる前からワクワクです。

四柱推命をやってらっしゃるIさんとは以前一度お会いしていましたが、しばらくぶりにお会いするので、鑑定後の女子トークも楽しみでした^^

ホテルのラウンジでの鑑定でしたが、ジャズの生演奏があったりと、とても気持ちいい時間を過ごすことが出来ました。

あまりに楽しかったので、長い時間お引き止めしてしまったのですが(ごめんなさい!)、いやあ、聞きたいことは山程出てくるもんです。

そろそろ締めましょうかという雰囲気になった時、窓の外?に何かの気配を感じました

特にはっきり感じた訳ではなかったので暫く黙っていたんですが、やはり気になる…

お仲間さんも感じる方なので、軽い気持ちで私達の近くに誰か来ているか聞いてみました。

「特に感じないけれど、何が見えたの?」

そう聞かれたので、感じたものを答えました…ちょっと躊躇して。

「ス○バのマークみたいな女の人、水の中にいるような…笑」 ←自分でも半信半疑

手元にペンジュラムもなかったので確認できなかったのですが、なんとなく輪郭が見えた気がしたんです。

「きっと、私達の水先案内人だね^^」とMさん。

あ、そうかも!

それはなんだか見守られてるみたいで嬉しいな^^

そして、三人別の電車に乗るため、駅でさよならしました。

あの気配の正体は?/本当にいたのね、水の女神様

帰宅してお夕飯を食べ終わり、まったり今回の鑑定結果を眺めていました。

たのしかったなあ。

と、急にあの気配のことを思い出し(すっかり忘れていた私;)、慌ててペンジュラムで確認してみました。

あの時の気配は気のせいなのかと。

答えは NO

気のせいじゃないのか。

じゃあ誰かいたの?

YES

誰?天使?神様?人魚?女神?…

ん?女神?

えー、みっ、水の女神?

水の女神っているのかしら;;;

まあ、今までも色々いらっしゃったし…うん。

と、自分を納得させてから、今回シンボルメッセージに来てくれたのかしらと嬉しくなり女神様につながってみました。

描きあがったシンボルをリーディングしてみると、今まで違った展開になったのです。

シンボルメッセージをリーディング/興味ある光たちへ

空中から、ホテルの窓を除く視線

これは女神様の視線のようです。

ぴかぴかと光るものが気になって、窓から覗き込んでいます。

あまりに強く光っているので、気になってどんどん近寄りすぎて気が付かれてしまったと笑っています。

光っているもの…それは私達のことのようでした

鑑定中に沢山の気付きがあったり、心から納得したりと、私達の高まる感情が強い光となっていたようです。

いつものようにメッセージをお願いしてみると、今回は私達三人へのメッセージを頂くことになりました。

これは、お初です。

水の女神からのメッセージ

(Iさんに向けて)

あなたの光は人を癒やす優しい力がある。

きっと、あなたの光に導かれて人はどんどんやってくるだろう。

ただ、無理をしてはいけない。

あなたは自分の光を、無意識に相手に与えてしまうようなところがある。

自分を大事にしなさい。

自分にも光を与えなさい。

相手を慈しむように。

慈愛の光を持つあなた。

あなたの光がさらに輝くことを願います。

(Mさんに向けて)

あなたの心はもうすでに羽ばたいている

そんなことはないと言うのだろうか。

私の目からは、自由に空を舞っているあなたの心が見える。

迷っているのは、それは心の残像であるのに。

じっと自分をみつめてごらんなさい、あなたのいまの姿を。

あなたが残像の自分を消し去ることが出来たら、

すぐにでも本来のあなたに変わることができる

美しい光を持つあなた。

信じなさい、自分の輝かしい光を。

(私に向けて)

いつまで、か弱いふりをするのですか。

あなたはもっと強い筈なのですよ。

きっと、沢山の経験の中で自分を見失ってしまったのでしょうね。

もう、いいのです、思い出しなさい本当の姿を。

堂々と宣言すればいいのです。

私は強いのだと。

あなたも、そんなことはないと言うのでしょう?

あなたの目の奥を覗き込んでごらんなさい。

希望に満ちた自分が見えるでしょう。

わくわくと冒険に胸を熱くする姿が。

勇敢な光を持つあなた。

あなたはどこにでも行けるのです。

思いがけないギフト

あー…

なんだか身につまされました。

鑑定後、Mさんと私はIさんに、この先の不安なことなど話し続けていたのですが、

そのことに対して、ずばっと言われた気がしました;

女神様はメッセージを伝えた後、去って行きました。

去る直前、もし気配に気付かなかったらメッセージは頂けなかったのでしょうか?と聞いてみると笑って頷いていました。

あの日、たまたま集まった私達があの場所にいたからこそ女神様に見つけてもらい、たまたま頂けた思いがけないギフトでした。

私一人ではこんなことは起こらなかったでしょうね。

Iさん、Mさん、ありがとうございました^^

シェアする

フォローする

Facebookページ