シェアする

【10/20のシンボルメッセージ】天照大神/「おのが胸の鏡に自らをうつせよ」

シェアする

こんにちは、もっちーです☆

今回のシンボルメッセージは、難解も難解;

大変に時間のかかったものになりました。

しかし、終わってみると「神様大集合」の記事とつながっていることがわかってきました。

メッセージを下さったのは一体誰だったのでしょうか。

ごらんください。

動く左手/いつもと違う予感

シンボルメッセージを描くことに決め、メッセージを下さる方はどなたですか?と質問しながら、そのエネルギー元を探していたところ、左手が動き始めました

いつもは右手が動き、右手で描くので、少し驚きました。

が。

面白いので、左手で描いたほうがよいかペンジュラムで確認すると、左で描けと出ます。

早速描く準備をしていると、いつものペンではだめらしい。

結局、他のペンで描くことになりました。

いつもと違うなあと、ちらっと思いましたが、すぐに集中して描き始めました。

左で描いたからなのか、とてもゆっくり、そしてじっくりペンが進んでいきます。

そして、なんだか同じモチーフを描いているような…

描き終わり、これで終了か確認します。

いつもは、これで終了、少し足す、程度で終わるのですが別のペンで再度描けと出ます。

家にあるペンを出しても、その中にはないと振れます。

困って、カラーペンを出してみたのですが、これもダメ。

なんなんだよ;

ペンじゃないのかなあ…と頭を抱えていたら、ヒーリングエネルギーアートで使用するペンが目に入りました。

これじゃないよね?

と、確認すると、それそれ!という風に振れるペンジュラム。

そして色も指定されました。

銀 → 紫 → 金

せっかく描いた線が重なって見えにくくなってるし!^^;

ですが、確認するとやっぱりこれでよかったようです。

以上!という返事がもらえた時にはすでに一時間近く立っていました。

でも、これからもっと時間がかかることになるのですが…その時の私には知るよしもありませんでした。

メッセージをくれた方見つけた!/思いがけない方法で発見

さて、どちらさまがメッセージをくれたのかしら。

絵を持ちながらエネルギーとつながっていきます。

すると、シンボルメッセージのリーディングでは感じたことのない体感がありました。

まず、額がじわじわ暖かくなってきて、その暖かさが左目に移行しました。

自分の左側に誰かがいるのかも位に思い、そのまま続けていたのですが、なかなか姿がみえてきません。

ただ、暖かさは感じたままでした。

集中し続けること十分近く。

一向に見える気配なし。

あー、だめだ。

こんな時はリフレッシュ。 ←逃げではないですよ笑

録画しておいたドラマを見始めたんですが…画面に映った「鹿島大明神」「香取大明神」の掛け軸に思わず反応。

そーいえば、この間のメタさんのブログにあったなあ。

天界系の波動と、日本の神社の神様と呼ばれる人達の波動は、わかる人が見ればかなりの違いがあることがわかります。 私が常に基準にしている周波数は、天界系です。ですが、なぜか今回はあからさまに神社系の周波数の影響を受けてしまい...

詳しい内容が知りたくなり、ドラマを消して鹿島神宮と香取神宮のことを調べてみました。

ふんふん、鹿島神宮には武甕槌命(たけみかづちのみこと)、香取神宮には経津主命(ふつぬしのおおかみ)が祀られてるんだ。

お二人は、イザナミが最後に生んだ神様のせいで亡くなって、怒ったイザナギが刀で斬り殺した血が飛び散って産まれたのか…激しいな;

あ、イザナギがイザナミに会いに黄泉の国に行ったのは知ってる。

でも、変わり果てたイザナミの姿を見て逃げるのはなんともなあ;

色々ツッコミを入れながら読んでいたところ、ある一文に目が止まりました。

黄泉の国で身についた穢を落とすために川で禊を行うイザナギ。

左目を洗った時に生まれたのが、天照大神。

あ!

私の左目の暖かさの理由はそれ???

すると、急に着物を着た女性が頭の中に浮かび上がりました。

吉祥天のような、白い着物の神様です。

神様大集合/ネットワークを広げるサインと吉祥天のメッセージ
こんにちは、もっちーです☆ 昨日は、月に一度のお仲間さんたちとのお勉強会でした。 今回は思いもかけない沢山の神様...

でも、待てよ。

本当に天照大神かな?

なんか話大きくなってないかな…

うわー!!

本当だって振れるけど、信じられない私。

そして、あーでもない、こーでもないと何回も確認していたら、一時間以上経っていました。

届いた声/やっと始まるメッセージ

このままでは埒があかないので、天界のサポーターに確認してみました。

やはり、天照大神のようです。

…うーん、信じ難い。

でも、とりあえず話だけでも聞かせてもらおう。

やっと心を決めつながってみたのですが、今度は相手の言葉が全く届きません

何か話しているようなのに。

うーんうーん。困ったー。

なんとかチューニングを合わすようにしていると…聞こえ始めました!

われの声が聞こえるか

何度も伝えておるのに

そなたは知らぬ存ぜぬじゃ

まあ、よい

われの声をとどけよ

若干、愚痴が入りましたね;

お待たせ致しました。

以下、メッセージです。

天照大神からのメッセージ

弓を持て

天に向かって弦をはじけよ

その波動は不浄を一掃するものぞ

鈴を持て

その音色は、澄み切った調べでさらに浄化を広げてゆく

日ノ本中、隅々まで不浄あるところに光を与えよ

共に守って欲しい

この国に住まう者達よ

今がその時なのだ

おのが胸の中にある鏡に自らを映せ

そして己に問うがよい

どうすればよいかを

メッセージの意味とは/日本を守ろうとする神たち

…や、やっと終わりました。

メッセージを聞き取るのに一時間。

今回はなかなかスムーズにいきませんでした;

メッセージの中に、弓、鈴などのよくわからない部分があったので調べてみたところ、面白いものがみつかりました。

これをみると、私がみた天照大神はあながち嘘ではないような気もしてきました。

見えない世界のことなので、確認できないのが残念です。

★1000年以上、今なお皇室で行われている魔除けの方法が、弓の弦を鳴らす「鳴弦」。

当時、天皇を守るために使われていた。

現在では、神社などで「鳴弦神事」として残っている。

ネガティブなエネルギーを祓うところに主眼がおかれる。

★鈴の音には「邪気や邪念を祓い浄化をする」力がある。

音を鳴らすことで波紋が広がるように、どんどん浄められる。

その場の波動を上げ、霊的なものや魔物から守る魔除けとなる。

天照大神は皇室の祖神、日本国民の総氏神、太陽の自然神です。

そんな日本の神様の中心のような方から、日本をよりよくするためにメッセージを届けてくれたこと、大変嬉しく思いました。

今回のメッセージも「ネットワークを広げる」役目の続きのように感じます。

天界と日本の神様の協力のもと、私も微力ながらお手伝いしていくつもりです。

シェアする

フォローする

Facebookページ