シェアする

天からのサイン/製品にも波動の低いものがある

シェアする

こんにちは、もっちーです☆

しばらくのご無沙汰でした。

なかなか、ブログ更新できなかった理由があったんです。

それがわかったのが、つい数時間前という^^;

早速ですが、お話聞いてくださいね。

ここから始まった?/新しいメガネを買いに

お気に入りのメガネが傷んでしまったのが始まりでした。

このメガネは、何件も何件もお店を巡り、やっと見つけたお気に入りでした。

思い入れがたっぷり詰まったメガネを手放して、新しいものに変えるのもなんだか不本意で…

そうこうしている内に、益々よろしくない状態になってしまい、渋々、新しいメガネを買うことに決めたのです。

時間がなかった私、今回のメガネは手早く決めることにして、お店に飛び込みました。

何本か試していても、自分で選ぶとやはり同じ形になってしまいます。

うーん。

前回は自分でこだわりぬいたけれど、今回は相手から見て、自分に合った形にしようかな。

なんとなくそう閃いて、店員さんと一緒に似合うものを探し、店員さんセレクトのメガネに決めました。

出来上がりは一週間後。

時間が迫っていたので、慌ててバスに飛び乗って、メガネ探しは早々に終了しました。

不自然に怒るおじさん/バスの中の出来事

メガネの受け取り日。

またも時間のない私。

出来上がったメガネを受け取り、帰りのバスに飛び乗りました。

新しいメガネのかけ心地もまあまあだったので、ほっとして窓の景色を眺めていました。

その時。

バスが発車してすぐに、私の左前に座っているおじさんが振り返って怒鳴ってきました。

「それは、やめろ!」

え!!!!!

一瞬凍りつくバス内。

「だから、やめろよ!」

何?私に言ってるの??

どぎまぎしている私の横を通りすぎて、また怒鳴るおじさん。

「…やってません」と、後ろから聞こえる女性の声。少しムッとしていました。

「それやめろ!!」おじさんが女性に何かをやめさせたいようでした。

「やめてください!やってないですよ!!!」

「メールは迷惑なんだよ!!」

メール…? 携帯を使うなってことかしら?

怒り顔のおじさんが、また後ろから自分の席に戻って来ましたが、ずっと後ろを睨んだままです。女性が携帯を使わないよう監視しているようでした。

空気重いなあ…と困ったちゃんな気持ちいっぱいになっていると、再び、

「それは、やめろっていってんだろう!!」怒鳴るおじさん。

私のすぐ後ろの席の女性に怒鳴るので、私に向かっていわれているようで、こちらもドキドキ。

そのすぐ後に、おじさんは女性を人睨みしてからバスを降りて行きました。

はあ〜、緊張した〜(何故か私が緊張)

今までバスにはあまり乗ることもなかったので、こんなこともあるのかな程度に思うくらいで、すぐにおじさんのことも忘れてしまいました。

これは本当に私なの?/抑えられない感情

翌日から新しいメガネをお供にした生活が始まりました。

度数も上げましたが、急激に変えていないので、今までと変わらない感じでかけられました。

そして、毎日書いていたブログを書こうとして…頭が重くなります。

あれ?

そして急激な眠気

起きていられないので、倒れるようにベッドに入りました。

次の日も同じような眠気が起きましたが、なんとか気合を入れてブログを書き上げました。

そしてまた翌日、おかしな眠気は続きます。

毎日忙しかったので、疲れてきたのかな位に思っていましたが。

眠気と同時に、感情が不安定になるのを感じました。

人と会って、楽しそうな姿を見て揺れる感情。

急に訪れる悲しみの感情

ぽたぽた流れる涙に、第三者的に驚く自分もいました。

天界とつながって波動を高く。

いつものように調整をして心を落ち着かせてみます。

それでも翌日、また何かのきっかけで感情は不安定に揺れ続けました。

眠気と感情の低下は収まってくれません。

そんな状態が二週間弱続いていた昨日、人と会った時、自分のことをわかって欲しくて話し続ける自分に驚愕しました。

これ、本当に私?

これ本当に私の感情なの?

さすがにこれはおかしいと感じ、夜遅く帰宅してから、改めて調整を始めました。

原因は…メガネだった!?

色々なよくないものからコードを刺されている場合もあるので、処理。

グラウンディングを念入りに。

光を降ろし、波動をあげる。

…それでも、まだ最善な状態に戻りません。

何か憑いてるのかしら。

調べると、それは問題ありませんでした。

その時、ふと、かけているメガネが気になりました。

念のためペンジュラムを振ると…波動を低めていると出ます。

これか!!!!!!!!

メガネを外して両手で包み、メガネの波動を上げてみました。

もう一度ペンジュラムで確認すると、もう大丈夫とでました。

そして、この眠気と不安定な感情の理由はここにあるのか問うと、yesと振れました。

低い波動のフィルタで世界をみていたので、こんなことになったようです。

いやあ、長かった…原因がわかってほっと安堵しました。

天からのサイン/アンテナの感度を上げる

その後、バスのおじさんのことをふと思い出したんです。

「やめろ」って言ってたなあって。

あれ、このメガネのことだったのじゃないかと思いました。

もちろん別の人に言った言葉ですが、時々、天は人に聞かせる為に、言わせるよう仕向けることがあります。

昔、私の誕生日の夜、友人とご飯に行きました。

友人がトイレに行っている間、隣の席の団体が一斉にこう叫びました。

「誕生日おめでとう!」そして、沢山の拍手。

その団体さんの中に誕生日の方がいらっしゃったみたいでしたが、私は思わず笑ってしまいました。

戻ってきた友人にさっきの様子を話すと、言わされたんだね〜と笑っていました。

あの時のおじさんも、言わされたのでしょうか。

天はちゃんとサインを出しています。

毎日忙しいから、多分疲れているから…そんな風にサインを見逃し、

今回、私はちょっとした迷宮にハマってしまいました。

少し忙しさにかまけて、アンテナの感度が下がっていたようです。

本当に自分の感情なのか?と閃いた時がチャンスでした。

おかしいと感じたらきちんと対処すること。

今回は大変勉強になりました。

反省を込めて、恥ずかしながら皆さんにシェアさせて頂きます。

あー、はずかし。

シェアする

フォローする

Facebookページ